キャッシングの借入限度額と総量規制の関係

消費者金融や信販会社のような非銀行系の金融機関からキャッシングする場合、年収の3分の1が借入限度額になります。これは2006年に成立し、2010年に完全施行されることになった貸金業法の総量規制によるものです。年収の3分の1を超える借入があると、返済が困難になることが予想され、自己破産に至るリスクが高くなるからです。

この年収の3分の1というのは、別の消費者金融からも借入がある場合、その借入金も合算しなければなりません。仮に年収が300万円の人が消費者金融A社から80万円の借入がある場合、消費者金融Bからできるキャッシングは20万円までということです。ただし、自動車ローンやクレジットカードでショッピングを行った際のローンなどは合算されません。また、この総量規制は銀行のキャッシングには適用されません。しかし、現実問題としては、銀行も審査の際に、収入やその他の条件に見合った限度額が決定されるので、銀行だからといって消費者金融よりも大幅に高いキャッシングが可能というわけではありません。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *